当院のインプラント治療

通常のレントゲン器機の他にCTスキャナーを江原歯科に設置しております。
CTによって今までのレントゲン撮影では見れなかった部分が見れるようになり、より正確、確実、安全にインプラント治療を行う事ができます。 当院で使用しているインプラントはNorbel Biocare, Biomet 3i, Xive, JMMです。

  • Nobel
  • biomet
  • xive
  • kyocera

世界中で多くの先生方が使われているものですので、転居の際の転院時でも、メンテナンスなどが受けやすくなります。

当院では、インプラント治療にあたる歯科医師は学会に所属し、様々な研究会等で経験を重ねています。院長は公益社団法人日本口腔インプラント学会の指導医・専門医です。ささいな事でも結構ですので、何でもご相談下さい。

インプラント設備
インプラント

歯を失って悩んでいるあなたに新しい解決法を提供するのが、インプラント(人工歯根)治療です。
従来の治療法の義歯(入れ歯)やブリッジと呼ばれる治療法ですと、健康な歯を削ったりするなどして失った歯の治療を行っていましたが、インプラント治療は無くなった歯の部分にネジ状のインプラント体(人工歯根)を埋め込み、人工の歯根を作り顎の骨と結合させることで、天然の歯とほとんど変わらない噛む力と、噛む感触を取り戻すことができます。また、失った天然歯に近い、美しい見た目も取り戻すことができます。

インプラント治療と他の治療との比較

インプラント

インプラント
メリット デメリット
■審美性が良好。
■他の歯をほとんど削らなくてよい。
■自分の歯に近い感覚で噛むことができ、食べ物の味がそこなわれにくい。
■体質や疾患(重度の糖尿病など)によって治療ができない場合がある。
■外科的手術が必要。
■治療期間が比較的長い。
■費用が比較的高い。

ブリッジ

ブリッジ
メリット デメリット
■固定式であるため、装着しても違和感が少ない。
■人工の歯の素材を選択することにより天然の歯とそん色ない審美的な修復が可能。
■治療期間が比較的短い。
■両隣の歯を削らないければならない。
■支えになる歯の負担が比較的大きい。
■抜けた歯の部分の歯ぐきが、次第にやせてしまう事がある。

入れ歯

入れ歯
メリット デメリット
■治療が比較的簡単に受けられる。
■比較的費用が安い。
■治療期間が比較的短い。
■ブリッジでは適応できないような多数の歯がない場合でも有効。
■装着時に違和感を生じることがある。
■バネが架かる歯の負担が大きい。
■噛む力が比較的出にくい。
■取り外して手入れをする必要がある。

インプラント治療の流れ

STEP1診査診断

インプラント治療の流れ1

問診、模型、レントゲン撮影などを基に、シミュレートを行い、インプラント治療が可能かどうかなど、治療の進め方を説明します。

STEP2一次手術

インプラント治療の流れ2

診査診断を基に、最終の歯を入れる部分を決定した後、その場所にインプラントを埋入します。個人差はありますが、大体3ヶ月でインプラントと骨は結合します。

STEP3二次手術

インプラント治療の流れ3

埋入したインプラントが骨と結合しているかを確認し、歯茎の粘膜からインプラントの頭出しをします。歯茎の形も整え、仮歯をつけれるようにします。

STEP4完成

インプラント治療の流れ3

型取りを行い、仮歯を作ります。その仮歯を使って、歯茎の形を整え、噛み合わせの調整を行います。前歯などでは形も患者さんの希望を聞きながら最終の形に近づけて行きます。調整が終われば最終の型取りを行い、被せを装着します。

TEL:06-6533-3456

大阪市西区 江原歯科医院

  • ■所在地
    〒550-0015
    大阪府大阪市西区南堀江1-15-12
  • ■連絡先
    TEL:06-6533-3456
  • ■診療時間
    午前09:00~12:00
    午後14:00~18:30
  • ■最終受付時間
    午前は12:00、午後は18:30
  • ■休診日
    日・祝日(学会等により臨時休診あり)
  • ■備考
    毎週月午前午後、木曜日午後に小児歯科担当の先生が来ています。
    △木曜日午後の診療は18:00まで、土曜日午後の診療は17:00までです。
  • ■診療科目
    一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科